製作の過程のお話。ー生地選びー

April 4, 2018

東京は桜が咲いたと思ったらパッと散ってしまいました。

短い春の後に初夏のような陽気になりました。

私は来2019年に出す商品のデザインを考え中の今日この頃です。

デザインの方法は人それぞれだと思いますが、私の場合大まかな全体のディレクション(コンセプトや色)を決め、個々の形(洋服)のデザインは生地を見ながら決めることが多いです。

 

洋服づくりでとても重要な生地。生地選びの工程を少しお話しします。

 

画像・下↓は 一年前に作成した2018年立ち上がり用に作ったディレクションマップです。こんな感じの全体像から始めます。

 

 

先日、新しい生地を探しに宇仁繊維さんの表参道のオフィスへお邪魔しました。

宇仁繊維さんは合成繊維が得意な生地屋さんですが、最近、天然繊維にも力を入れているとうかがいお邪魔しました。

新しい生地をご紹介いただきつつ、どのような加工ができるかなどをうかがいました。

一見大人しめな表情の子(生地)でも、加工をかけると魅力的になったり、別の表情を見せてくれたりすることがあります。なので、私は加工見本を見せてもらいつつ細かくお話をうかがうのが好きです。

 

 

生地を触って見ていると作りたいもののイメージがたくさん湧いてきてワクワクします!「このワクワクを一年後に販売する商品に落とし込みお客様に伝えていきたい」という思いで生地をピックアップします。(いつもついつい欲張ってたくさんピックしてしまいがちです)

そうして生地のショールームにてピックアップした生地が、生地の値段表とともに後日届いた画像がこちらです。↓ たくさん。

 

 

生地を触りながら「この生地でロングのスカートを作ると可愛いな」とか「この生地はプリーツ加工をかけると表情が出て可愛いな」とか考えつつ使いたい生地を生地の値段も見つつ再度ピックアップします。

そうして最終的に希望の色見本があるかどうか(ない場合は希望の色を別注文で染められるか)&予算も考えて使用可能な生地を優先順位選定します。

 

生地の質感&風合い等々はもちろん重要ですが、生地幅と一反(生地はロール状になっています。その1ロールのことを一反と呼びます)何メートルあるのかなどの確認も重要です。

生地の幅は大きく分けてシングル幅(約90cm)とダブル幅(約140cm)があります。

生地の幅が大きいダブル幅の生地を使うと、生地の幅が広い分、シングル幅の生地を使うよりも短いメーター数でより多くの洋服を作れることになりコスト削減に繋がります。

 

そんなこんなで選ばれた生地たち。

この生地たちを元ににデザイン(洋服の形)考えたり、もしくは逆に作りたい形が決まっている場合はそれにマッチする生地を選定した生地の中から再度選んだりして、実際の形にしていきます。

どんなものになるか楽しみにしていてください!

 

今日はバクッとですが生地選びの工程をご紹介しました。

どうやって洋服がつくられていくかに興味を持っていただきたいければなと思っていますので、少しずつですが今後も物作りの現場をお伝えしていきたいと思います。

 

宇仁繊維さんのサイト

http://www.komon-koubou.com

 

 

 

Please reload

Feature Articles

"KANA MATSUNAMI x Véronique Moriez " on Promostyl.

January 11, 2019

1/6
Please reload

Latest Article

November 21, 2018